こんにちは。風船ルームの中村です。

 

ゴム風船って飾る場所、種類によって見え方はまちまちです。

ちょっと撮ってみたので見てみましょう。

 

風船の色は黄色。同じ黄色の風船といっても種類があります。

時計で12時方向にパステルと表記されることの多いマットな風船、4時方向にパール風船、8時方向にクリア風船を用意致しました。

 

それでは、どうぞ。

画像をタップまたはクリックするとより分かりやすく見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

屋内で自然光(灰色のテーブル)

屋内自然光

 

屋外で自然光(アスファルト地面)

屋外自然光

 

屋内で蛍光灯(白いテーブル)

屋内蛍光灯

 

屋内で蛍光灯(白いテーブルにカッティングマット)

屋内ボード

 

 

 

光が当たったところをよく見ると違いが分かりやすいと思います。

ん~ 違いの分かる男のイエローブレンド。

 

12時方向に置いた風船と比較してみると、、、

透けるけどスプーンの様に反射するクリアタイプの風船。

透けずに光がぼやけてみえる、にぶく、淡く光るパール風船の違いがお分かり頂けますでしょうか。

 

 

参考にして頂ければ幸いです。

 

素朴な疑問ですが、このクリアタイプの風船ってどうやって作るんでしょうね。

精製した風船用のゴムにちょっとだけ色味を足しているのでしょうか?

それともパステル調のマットな風船は白を入れて、乳白色っぽくして透けにくくしているのでしょうか?

調色や色をつける方法については国内の風船製造メーカーはもちろん、海外メーカーもトップシークレット(企業秘密)の1つのはず。

そう簡単には教えてもらえないでしょうが、機会があれば聞いてみます。

 

 

それでは、また。

こんにちは。風船ルームの中村です。

 

なんで風船って浮くの?そんな素朴な疑問にざっくりさくっと答えたいと思います。

よくお問合せの際に23cm(9インチ)以上の風船が浮きます。と答えることがございます。

実は12cm(5インチ)の風船でも浮きます。

ほらっ!!ハンドパワー むむむっ

5inch②

 

分かりにくいのでもう一枚。

5inch①

 

 

そもそもなぜ浮くのかとヘリウムガスが空気よりも軽いからお空に飛んで言ってしまうんですね。すごくざっくりした説明ですみません。

空気を構成している多くは窒素ガス、次いで酸素、そしてアルゴンやその他のガスです。それらの気体より軽いためヘリウムガスは浮くのです。

 

ここで問題です。

一番軽い気体はなーんだ?

 

ヘリウムガスではないんですねぇ

 

 

 

 

 

 

 

地球上で一番軽い気体は水素です。

水素は理科の実験で触れたことがあるのではないのでしょうか。燃えてしまうので大変危険です。静電気等のちょっとしたものにも反応し、爆発してしまいます。

確かに水素は浮き上がる力が強く、安価に製造出来ます。ですが、同時に危険性をはらんでおります。

 

ヘリウムガスは不活性ガスのひとつで、酸素や他のガスと結びつき化学反応を起こさない、無毒、可燃性及び支燃性のない(つまり燃えない)ガスです。

安心して安全に使用するために風船にはヘリウムガスを使用しております。

 

 

さて話を戻して、浮かない風船について

ヘリウムガスの浮き上がる力(=浮力)は1Lのヘリウムガスで1gのものを浮かせることが出来ます。

ただし温度差による体積変化や密度(同じ1gでも鉄と綿でも異なる密度)にもよるのですが、またまたざっくりとヘリウム1L=1gとお考え下さい。

風船の中に入るヘリウムガスの量から風船や糸の重さが軽ければ浮きます。重ければ落ちてしまいます。

またゴム風船に入れたヘリウムガスは徐々に時間をかけて、風船の外に抜けていきます。

次の日になったら、浮いていた風船が落ちてた、、、というのは時間をかけて風船の中からヘリウムガスが出てしまった証拠なのです。ヘリウムの分子はとーっても小さいので、ゴム膜を抜けてしまうのです。

ゴム以外の風船も同じです。ホイルまたはUFO風船と呼ばれる風船も特殊なフィルム加工をしているので抜ける時間は遅くなりますが、徐々に中のヘリウムガスが抜けていくのです。

 

そこで気になってくるのが浮遊時間ですね。

23cm(9インチ)の浮遊時間は約6時間~8時間とうたっておりますが、こちらは風船にガスを入れた場合です。

 

ん!??当たり前でしょと思うかもしれませんが、

例えば風船に糸等の留め具をつけたり、文字を書いたり、雨粒がついてしまったりすると浮遊時間は短くなります。弊社もそうですが、多くの風船を扱っている会社さんの浮遊時間の表記は単純に風船に規定量のガスを入れた場合にガスを入れてから落ちてくる時間なのです。

またハート型風船は華を添えてくれるかわいらしい風船ですが形状上、山が2つ出来ますので浮力が分散されてしまい、浮力が一点集中する丸型風船に比べ浮遊時間が劣ってしまいます。

あゝ、美人薄命。

 

記事の冒頭に12cm(5インチ)の風船は浮くと書きましたが、30分~1時間ほどで落ちてしまいました。

 

 

 

元々12cmの風船は装飾用でデコレーションの一部に使ったりする風船ですので、ヘリウムガスじゃなく、ハンドポンプで膨らませてかわいく飾って下さいね。(けれども使い方は色々お客様の思うままにです。)

 

お持ちの風船を膨らませるためにヘリウムガスの購入を検討されているお客様へお願いがございます。

風船のサイズが重要になってきます。

同じcmやインチ表記だとしてもメーカーによって風船内に入る量が異なります。風船のパッケージにサイズの記載があると思います。親切に必要ガス量を記載しているものもあると思います。お問合せ頂く前にご確認下さいませ。

 

それでは、また。

こんにちは。風船ルームの中村です。

またまた今回もレンタル器具についてご紹介致します。

 

今回の目玉商品はこちらっ!!はいっドンっ

注入ノズル全体

レンタル注入ノズルです。

口径は32mmと70mmの2種類ございます。

なんでこんな注入ノズルがあるというと、、、風船って大きくなればその分風船の口も大きくなっていきます。

 

よく街中で見かけるゴム風船は大体30cm位です。

見たことありますか?メートル級の大きい風船。迫力ありますよー。こんな大きな風船もあるんだぁとびっくりされることでしょう。

直径90cmや150cm(膨らませた後のサイズ)の風船は目立つこと間違いなしです!!

ちなみによく催事等で見かけるアドバルーンは約2mらしいです。国内には5m級の風船もありますが、実物を見たことはまだありません。直径5mの球体って想像するとすごいですよね。

 

 

風船が大きくなればなるほど、、、そうっ!口も大きくなると言いましたね。

 

大きなG

どやさっ!!

平置きの状態ですが、11cmと口が大きい風船もございます。

 

さすがにこれではニードル弁やプッシュ式インフレーターのノズルで作業するのは大変です。

出来ないこともございませんが、風船の口を折りたたんで、漏れない様に指に力を込めて、大きくなる風船を固定しつつ、あぁ~っということで漏れます。

確かに大きな風船を膨らませることに慣れた方は器具を使わず、ボンベから直接ガスを入れて膨らませるようですが、、、

私、出来ません。正直怖いです。ボンベの元栓は開けてるのでとめどなく出ますし、注入ロスが出ない様になんて余裕は持てませんし、膨らませて大きくなる風船に正直焦ります。困ります。

 

そんなときに役立つのがこの注入ノズル。

使い方は簡単です。

 

Step1 ボンベに接続します。

注入ノズル接続① 注入ノズル接続②

手で回してから、付属のスパナでグッと締め付けて下さい。

 

Step2 風船を装着し、注入。

注入ノズル注入② 注入ノズル注入①

ボンベ元栓を開ける前に、風船の口はノズルを覆う様にして、がっちりホールドして下さい。ボンベの元栓を開ける前に、注入ノズルのコックが閉まっていることを確認してから、ボンベ元栓、注入ノズルのコックを開けましょう。

 

もっと大きく膨らませる風船ですが、作業中をパチリっ。

注入ノズル注入③ 注入ノズル広げてみた

この注入ノズルは3mのホースがついておりますので、風船がガス注入中に抜けない様に押さえている人、ガスの開け閉めを行う人、風船のサイズをみる人の3人がいるとスムーズにガスを入れることが出来ますね。

 

使用が終わりましたら、まずボンベの元栓を締め、注入ノズルのコックは開けておきましょう。

付属のスパナを使い、取外しして下さい。

いつもの様にしつこいですが、器具内にガスが残っていると圧力がかかってしまい、取外しが出来かねてしまいます。

注入の際も、器具の取外しの際も慌てず、焦らずに作業して下さいね。

 

それでは、また。

(今回使用致しました商品は注入ノズル70mmと風船は大きな風船150cmです。膨らませたい風船サイズと注入ノズルの相性についてはお気軽にご連絡下さい。)

こんにちは。風船ルームの中村です。

 

今回はガンタイプ注入器の使い方をご紹介致します。

ガン全体像

ニードル弁もプッシュ式インフレーターもボンベに付けて使用するので、作業範囲が狭かったりします。ガンタイプ注入器はホースがついておりますので、2メートル半以内の作業が可能です。

またボンベの圧力計がついておりますので、残りのガス量が分かって安心。しかもノズルが長いのでホイル風船への注入にオススメです。

 

まず接続する前にガンタイプ注入器にはダイヤルが3つございます。OFF・小・大です。

ダイヤルOFF

OFFの状態にしてボンベと接続します。

ボンベガス接続 ガンスパナ接続

六角形になっているガンタイプの接続口をボンベのガス出口に添わせ、手で締めて下さい。

その後、付属のスパナでぐっと締めあげて下さい。

ガン元栓開 ダイヤル大

ボンベを開けて、ガンタイプ注入器のダイヤルを小または大にセットします。

ガン操作

そしてレバーを握ればガスがシューっとでます。簡単です。

初めての方は小で作業下さい。慣れてから大にセットして作業して下さいね。

ガン調節ネジ

ガンの根元に調節ネジがございます。出荷時には最大量が出る様にセットしておりますので、ネジを締めることでガスが流れる量を少なくすることが出来ます。

 

取り外すときはまずボンベの元栓を締めます。ガンタイプのダイヤルは小または大にしておきましょう。

ガンを握り、器具内のガスを出し切ります。器具の圧力計が0を差していることを確認した後、付属のスパナを六角形の接続部分にあて、取り外すことが出来ます。

器具内に少しでもガスが入っておりますと、圧力がかかって工具を使っても取り外すことが出来ませんので、必ず器具内のガス抜きを行ってから取り外して下さい。

 

一点、ワンタッチバルブにはご使用出来かねます。風船留め具やレンタル器具の相性等、気になることがございましたらお気軽にご相談下さい。

それでは、また。

こんにちは。風船ルームの中村です。

黄砂に吹かれて、はたまた花粉なのか肌が荒れております。寒暖の差もまだまだ激しいのでお体にはお気を付け下さいね。

さてさて、以前にもトリプルインフレーターの使い方をお知らせ致しました。簡単に説明すると基本的に1つのボンベから1つのガス注入口ですが3つに分岐して、複数人で作業が出来るレンタル器具です。

 

前回、説明しなかったのですが、ゴム風船だけでなくホイル風船にも注入が可能です。

使用時② 使用時③

弊社でレンタルしているトリプルインフレーターのノズル部を付け替えておりますので、ガスの勢いでホイル風船の逆止弁を壊すことなく、ガス注入が可能です。

風船飛ばし(空高くリリース)する際に風船を短時間に作らなければっ!!装飾で多くの風船を膨らませるというときにぜひご検討下さいませ。

それでは、また。

こんにちは。風船ルーム 中村です。

いつも風船ルームをご利用頂きありがとうございます。

今回はレンタル期間についてよくお客様よりお問合せを頂きますのでお知らせ致します。

それでは、どうぞ。

 

『レンタル期間って、、、?』

はい。ボンベのレンタル期間はボンベサイズによって異なります。

500Lから6000Lサイズまでは到着指定日を起算日とし、30日間ご使用頂けます。

7000Lサイズのみ到着指定日を起算日とし、60日間ご使用頂けます。

こちらはボンベのレンタル代金に含まれております。上記期間以内でしたら延長料金は発生致しません。また期間内に使用が終わりましたら弊社にご返却下さい。

 

『レンタル期間はどこに記載している、、、?』

いつまで使用できるのかはボンベの箱に期日を記載しておりますし、商品内の納品書にも記載致しておりますのでご確認下さい。

 

『イベントで使うから、レンタル期間を越えそうor○ヶ月は使いたいんだけど、、、』

30日間または60日間を超えてレンタルされたい場合は、延長料金をお支払下さい。

延長料金はガス種に関わらず、ボンベ1本につき2,000円(レンタル器具は1,000円)を頂ければ30日間継続しての使用が可能です。

レンタル期間内にお申込み下さい。電話またはメールでのご依頼お待ち致しております。

改めて弊社よりメールやFAXにて延長料金とお振込み先口座をご案内致します。

 

【注意点】

ボンベサイズ、ガス種に関わらず最長使用可能日数は180日間です。

180日間を超えての使用はボンベ内のガスが残っていたとしても弊社にご返却下さい。全てのお客様に対し、安全に安心してご利用頂くために定期的にボンベの点検・整備を行っております。ご協力下さいます様お願い致します。

またご使用期間が長くなりますと、それだけお客様にボンベの保管や管理をお願いすることになります。ボンベ及び箱の保管について雨や水に濡れない様、紛失にもご注意下さい。

 

使い方を間違えればボンベは危険です。楽しいイベントを企画しても、事故や問題が発生すればせっかくのイベントも悲しい思い出になってしまいます。素敵なイベントのお手伝いが出来ます様、精一杯ご協力致します。

宜しくお願い致します。

こんにちは。風船ルーム 中村です。

めっきり朝晩の寒さが身に沁みますね。あーぶるぶる寒いっ

 

さてさて、今まで風船ルームの決済方法について代金引換と銀行振込(お振込み確認後の出荷)の2通りでした。

今回色々な手続きを経て、やっとクレジット決済出来るようになりました!!

今までお客様からの多くのご要望がございましたが、その際はお応えできず申し訳ございませんでした。

 

商品をカートに入れて頂き、『レジへ進む』をクリックした後にお客様の情報(住所等)入力、配送設定の入力、お支払方法の設定を書き込んで頂きます。

クレジット決済をご希望の方はお支払方法の設定時にご指定下さい。

%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%83%e3%83%88

 

ぜひ右上のオフィシャルサイトからご注文ご依頼下さい。

大変恐れ入ります。ホイル風船の封入発送はクレジット決済が出来かねます。

封入発送は数や大きさによって送料の変動があるためです。予めご了承下さいます様お願い致します。

 

今後も風船ルームをよろしくお願い致します。

こんにちは。風船ルームの中村です。

ちょっと今日は悲しいお話をします。

 

過去のブログに登場しましたメキシコ産のパヤソ風船。スタンダードな色味からニュアンスカラーも得意のパヤソ風船がございました。

サイズ感やスタンダードの色味のバランスもよく、風船ルームでは丸型やハート型のゴム風船とガスを合わせてのセット販売いたしておりました。

 

パヤソ風船。実は風船ルームで扱えなくなってしまいました、、、。

風船ルームが始まって以来の定番商品!お客さまからのご支持も頂いており、大変ショックですが、パヤソ風船とのお別れにいつまでも泣き暮れるわけにはいきません。

 

お客さまが安価にまた気軽に購入できて、なおかつ似たような色味の風船はござらんかと探したところ、見つけました。いやぁ切り替えが早いですねぇ。

 

 

 

 

vtm%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%88-2

じゃん!!

ベトナムからやってきた風船に変わりました。ニューフェイスですが、パヤソ風船と少し似た色味です。

 

左上から色味をご紹介しますね。

イエロー、オレンジ、グリーン。二段目左からピンク、ブルー、ホワイト、ライトブルー。三段目左からパープル、レッド、ローズの10色です。もちろん単色もご注文いただけます。

先輩のパヤソ風船に負けず、頑張りますとベトナム風船も申しておりますので、なにとぞごひいきに、、、。

 

セット販売も引き続き、こちらの風船に変えて販売いたしております。

引き続き、風船ルームをよろしくお願いいたします。

こんにちは。風船ルームの中村です。

 

風船を膨らませてかた結びや、手持ちするための糸はついていても口の部分を引っ張ってねじって、、、ってねぇ面倒ねぇ。

はたまた膨らませたのはいいけれどガスが抜けてきたから再注入できるものはないのかしら?という方にワンタッチバルブはどうでしょうか。

バルブ全体

ということで今回はワンタッチバルブについてお話しましょう。

カンカン帽子のような変な形をしています。画像は糸付ワンタッチバルブです。画像のグルグルと糸が巻かれている部分がリボンのもの(ホワイト、ブルー、イエロー、ピンクの4色アソート)もございます。

それではワンタッチバルブに現在クローズアップ!!

バルブ

カンカン帽子の上には黒いシリコン製の丸いものがついています。下を見ると何やら小さい穴がひとつ。

 

とりあえずまずは風船につけてみましょう。

バルブ取付① バルブ取付②

風船の口をひっかけて、カンカン帽子全体を覆うように風船をかぶせます。あとはヘリウムガスを入れるだけ。これで終わり。おーなんと2ステップで終了です。

実はワンタッチバルブは事前の準備が出来ます。イベント日時が決まっているのであれば、早めに配達日を指定してみんなで風船につけましょう。

 

膨らませる前のワンポイントアドバイス。

ワンタッチバルブを風船にひっかけたときに少し空気が入ってしまいます。そこで片方の手でワンタッチバルブの先端を持ち、もう片方の手で風船全体を握りつぶすようにして空気を抜いて下さい。

バルブ取付③

空気抜きをしなくてもそのままヘリウムガスを注入できますが、空気抜きを行って頂くと”より”浮いている時間が長くなります。

 

先端の小さい穴を注入器具に奥まで差し込んでから、ヘリウムガスを注入して下さい。注入器具とワンタッチバルブの注入口の隙間からガスが抜けてしまうこともあるので、奥までかっちりと差し込んで下さいね。

バルブ注入 バルブ完成

こんな感じ。ぐっと押しても器具は壊れませんし、風船が破れないのでご安心下さい。

あっでも力加減はほどほどに、、、

ヘリウムガスを小さい穴から注入して、糸またはリボンにあるシールをはがすと、たらんと伸び、すぐお手渡しが出来ます。黒いシリコン部分がストッパーの役割を果たし、ガスが抜けない構造になっています。

 

 

でもちょっとだけワンタッチバルブには弱点があるのです。ほかの風船留め具に比べ、少し重いため浮遊時間を最優先にお考えの場合にはあまりおすすめが出来ません。あと風船の口が大きいと使えません。9インチから11インチの風船にご使用下さい。ごめんなさい。

ただしっ!事前の準備が出来る。ヘリウムガス注入後、もたつかない。再注入が出来る。とメリットがございます。

イベントでの作業人数や時間、浮遊時間等の条件が出てくると思います。そのシーンにあった留め具選びの参考にして下さいね。

 

それでは、また。

横からこんにちは。風船ルームの中村です。近くの杉並木から花粉が舞う、、いえ踊り狂う季節になりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

さて今回はファッションケースについてご説明を致します。

はじめ3F ボンベ集合

3000Lサイズのボンベのみをご注文頂いた場合、ファッションケースにボンベを入れて発送致しております。以前、ボンベ:お届けから返すまで 1500L-3000L編 その①でもちらっと紹介致しました。(画像左から1番目)

 

ボンベが到着するとこのような状態で到着します。

うーんダークグレーの渋い粋な奴!惚れ惚れしますねぇ。

到着時3F 蓋上部3F

この六面体のケースの中にボンベが入っております。(返却期限はフタ上部に記載致しておりますので返却期限内に運送会社に集荷依頼下さいね。)が、しかしこのままでは風船にヘリウムガスを注入できません。

バックル3F 蓋開①3F

フタと本体をつなぐバックルがございますので取り外します。

フタを反時計方向に回すと外れます。ニードル弁またはプッシュ式インフレーターは取付けて発送致しております。取扱説明書もございますのでご安心下さい。もし使用方法や返却方法が分からない場合はお気軽にご連絡下さいね。あと返却用伝票が紐づけされておりますので紛失や捨てることの無いようご注意下さい。

またケースは堅い材質ですが、ケース破損の原因、素敵なイベントでの事故にもつながらない様、高いところから落としたり、転倒等にご注意下さい。

蓋開②3F

フタとバックルを付け替えると簡易的な資材置きに早変わり!風船を入れておくことが出来て便利です。ご使用されない時や一時置きの際は横に倒しておくことも出来ます。

 

使用後はまず紐づけされている返却伝票を取り出して下さい。ニードル弁またはプッシュ式インフレーターは取り外すことなく、ケースのフタを時計回しで回し入れてバックルでカチッと固定して下さい。到着時と同じ状態に戻して下さいね。返却伝票はケース側面にペタっと貼り付けてから、返却伝票に記載している運送会社に集荷依頼の電話をして下さい。

ドライバーさんに空になったボンベを渡して数日後、弊社に到着します。

 

それでは、また。